事業内容[PWO工法]

  • HOME
  • 事業内容
  • 各種試験結果

各種試験結果

石材・タイル・レンガを用いたコート剤各種テスト

試験石材/試験結果(pdf)

G343 御影石( バーナー仕上げ )
試験結果を見る
ライムストーン( モカクリーム )
試験結果を見る
大理石( ビアンコ )
試験結果を見る
タイル( 二丁掛けタイル )
試験結果を見る
素焼きレンガ
試験結果を見る

テスト項目及び試験方法

1.吸水防止試験

石材劣化の最大の原因である吸水をどれだけ低下させることが出来るかを評価します。

  • 石材をコートに1分間浸し、取り出してから10分間静置した。
  • 石材に吸収されなかったコートを綺麗なウエスで拭き取った。
  • それぞれ室温にて1週間養生してからテストに使用した。
  • 養生後のサンプルの重量を測定し、これを初期状態とした。
  • ※図1のようにコートを塗布したサンプル版を50mmの水圧がかかるようにセットした。
  • 経時的にサンプル版を取り出して表面の水分を拭き取り、重量を測定することで石材の吸水率を算出した。

吸水防止試験
※図1

2. 吸い上げ防止試験

石材の裏面からの吸水をどれだけ抑制出来るかを評価します。

3. コートの浸透性試験

コート剤が石材に対してどれだけ浸透しているかを目視で評価します。

吸い上げ試験液

リン酸水素二ナトリウム9gを500mlの水道水に溶かして0.1規定の水酸化ナトリウム水溶液でpHを12.5に調整し、水道水を加えて全体を2 Lとした。更に、10gの硫酸ナトリウムを加えて良く攪拌し溶解させ、水性赤インクを混ぜた。これを吸い上げ試験液として試験に用いた。

モルタルを用いたコート剤各種テスト

試験石材/試験結果(pdf)

モルタル
試験結果を見る

テスト項目及び試験方法

モルタル(ISO)(R 5201(10.4))に対し、比較要請を頂いた当社コート剤と他社コート剤を下記選定しました。

    成分
無塗布 - -
PWO OXC-FD(366) シリカ系吸水防止剤 自然色
PWO OXC-FD(344) シリカ系吸水防止剤 自然色
PWO OXC-341 シリカ系吸水防止剤 自然色
PWO OXC-FD(366)+US-8 シリカ系吸水防止剤+自然色塗膜 自然色
他社製品A シラン系吸水防止剤 自然色
他社製品B 硅酸塩系コート剤 自然色
他社製品C 硅酸塩系コート剤 自然色
PWO OXC-W89 硅酸塩系コート剤 自然色
PWO OXC-W102 硅酸塩系コート剤 自然色
1. 吸水防止試験

モルタル劣化の最大の原因である吸水をどれだけ低下させることが出来るかを評価します。

  • PWO OXC-FD(366)、PWO OXC-FD(344)、PWO OXC-341、他社製品A、他社製品B、他社製品C、PWO OXC-W89、PWO OXC-W102は、刷毛を使用して塗布を行い、5分放置してから再度塗布を行いそのまま放置した。
  • FD(366)+US-8は、PWO OXC-FD(366)を塗布してから一昼夜放置してから刷毛を使用して塗布を行い、5分放置してから再度塗布を行いそのまま放置した。
  • それぞれ室温にて1週間養生してからテストに使用した。
  • 養生後のサンプルの重量を測定し、これを初期状態とした。
  • ※図1のようにコートを塗布したサンプル版を50 mmの水圧がかかるようにセットした。
  • 経時的にサンプル版を取り出して表面の水分を拭き取り、重量を測定することでモルタルの吸水率を算出した。

吸水防止試験
※図1

2. コートの吸い上げ防止試験

石材の裏面からの吸水をどれだけ抑制出来るかを評価します。

3. コートの浸透性試験

コート剤がモルタルに対してどれだけ浸透しているかを目視で評価します。

吸い上げ試験液

リン酸水素二ナトリウム9 gを500 mlの水道水に溶かして0.1規定の水酸化ナトリウム水溶液でpHを12.5に調整し、水道水を加えて全体を2Lとした。更に、10gの硫酸ナトリウムを加えて良く攪拌し溶解させ、水性赤インクを混ぜた。これを吸い上げ試験液として試験に用いた。

コンクリートを用いたコート剤各種テスト

試験石材/試験結果(pdf)

コンクリート
試験結果を見る
吸い上げ試験液

リン酸水素二ナトリウム9gを500mlの水道水に溶かして0.1規定の水酸化ナトリウム水溶液でpHを12.5に調整し、水道水を加えて全体を2Lとした。更に、10gの硫酸ナトリウムを加えて良く攪拌し溶解させ、水性赤インクを混ぜた。これを吸い上げ試験液として試験に用いた。

汚れ落とし試験

試験石材/試験結果(pdf)

汚れ落とし試験
試験結果を見る

通常で考えられる石材への汚れの付着を再現するために、コート塗布および未塗布の御影石に以下の様な飲食物を滴下し、汚れを再現しました。汚れを滴下した後に1時間放置しました。その後日常メンテナンスを想定し、中性洗剤にて洗浄しました。洗浄後再び汚れを付着、中性洗剤での洗浄を5回繰り返しました。

このページのTOPへ